「Googleへの登録は出来たがYahoo!は・・・」、Yahoo!ディレクトリへの登録

ロボット検索は登録さえしておけばそのうちに掲載されるのである程度は安心していた
しかし、Yahoo!ディレクトリへの登録は2週間が過ぎても何の返事もない。

最近になってYahoo!は登録できるサイト基準を高くしているらしい。
営利企業などの場合には無料登録の受け付けすらしていない状況だ。
登録のための審査に費用が必要となっている。その料金が5万円以上!

yahoo-1715853_1280

しかし、このポータルサイトは営利企業ではない・・・ はず
地域のためのポータルサイトという位置づけなのだから認めて欲しい。
なのに、何故?・・・

それとは別に、市役所から多数の人たちにコンテンツを増やすためのお願いをしていたものが徐々に集まり始める。

地域情報誌からは特集のために上総地区のおかずなどをテーマにしたコンテンツが。
民話の会からは民話の本を題材に使っても良いという許可が。
大学からはストリーミングサーバーの使用許可が。
それに伴ってケーブルテレビ局からは動画データの制作や提供が始まる。
また、学生取材班の活動も始まる。

こうなると、コンテンツを増やすためにページの制作が追いつかなくなってくる。
毎日毎日新しいコンテンツ制作のために遅くまで仕事を・・・

作ったコンテンツをどこに掲載するのか? そう言った問題も出てくる。

そうしているうちにショップ情報などに利用していたYahoo!MAPのリンク方法が変更になったらしく、全てのページでMAPへのリンクが切れているのを発見してくれる。
調べてみたのだが直接地図を表示するのは難しいようだ。

そんな時に、会長がGoogleMAPを使ったこのポータルサイトページをテレビで紹介した。
え? このポータルサイトはGoogleMAPを使っていない。はず

これは、私に対する挑戦か? などという思いは半分冗談なのだが
何はともあれGoogleMAPという素晴らしいツールを教えてくれた会長に感謝。

しかし、調べていくと結構難しい。 使用方法を書いた本が欲しい!

最初はそんなことも言っていられないので、ネットでいろいろと調べて何とか地図を表示することは出来た。 しかし、これでは面白くない。

GoogleMAPの事ばかりやっていたので新しいコンテンツを作っている時間が足りない。
ページの制作は仕方なく他の人たちに手伝ってもらうことにする。

GoogleMAPの機能は豊富だ。とてもじゃないが全機能を使うことなど出来ない。
それでも、何とか見栄えの良いもの、使い勝手の良いものをと懸命に頑張った。

単に地図を表示するだけでは面白くないし、GoogleMAPの良さがない。
そこで考え出したのが「待ち合わせMAP」だ。
アクセスした人たちが自由に場所を決めてURLだけで好きな場所を表示できる。
もちろん、アイコンや内容の表示なども必要だ。

時間はかかったがそれなりに面白いものが出来た。
もっと宣伝をすればこの便利さに気づいてくれるだろう。

一番早くこの便利さに気づいたのは協議会内部の不動産業界の人たちだった。

このMAPを使えばいろいろなことが出来るよね。
こういった表示の仕方も出来るの?
それじゃ、こういう表示も出来る?

意見が活発に出てくる。それに応えていくのは面白いのだが大変だ・・・