リニューアルデザイン完成!だが・・・ワイド対応とも言える横幅1000pxにしたのだろう?

紆余曲折。検討会議、再検討・・・
いろいろとあったがようやくリニューアルのデザインが決まった
サイトとして今後メインコンテンツの扱いとなっていくのはやはり「子育て支援」と言うことになるのだろう
このコンテンツが良いのか悪いのか、それはまだわからない
リニューアルをしてアクセスが増えるのかどうか
それによって結果が見えてくるのではないだろうか

web-401497_1280



今回のリニューアルで一番気になったのはやはり見せ方の問題だろうか
横幅が大きく広がった 1000px程度というのは時代の流れなのだろうか?

来年にはYahoo!も横幅を広げるらしい
他の大手のサイトもやはりそれに追随するのだろうが

確かに一般的に売られているモニタはほとんどがワイド画面
横幅1280px以上が大部分になっているのかもしれない
ブラウザを全画面表示にすれば「お気に入り」を表示して丁度良いのかも

とは言え、少し前の機種では必ず横スクロールが入ってしまう
こういったことを考慮してか、新しいYahoo!などのサイトでは右側は見られなくても良いようなあまり重要でないコンテンツをおいている
また、他のサイトではログイン画面など必ず見るようなコンテンツが置かれている

では、新しい地域ポータルサイトではどうだろうか?
右側には・・・ そう、ある意味最も重要なバナー広告が置かれているのだ
広告主から見たらどう思うのだろうか?
もちろん、サイトを見に来た人たちにはもしかしたら好都合なのかもしれない

では、何故地域ポータルサイトもワイド対応とも言える横幅1000pxにしたのだろう?
横幅を広くすれば下にスクロールせずに多くの情報を見ることが出来る
それがデザイン会社の言い分だったと思うのだが・・・

実際に出来上がったデザインはどうだろうか?

それについては私個人的な意見よりも出来上がったサイトを見てもらうのが一番良いのかもしれない

その時にユーザーはどんな反応をするのだろうか?
広告主達はどのような反応をするのか・・・

それよりも大変なのは、ページを作り替えることだ!