少しSEOに戻って、ソーシャルブックマーク!検索エンジンから見たら「外部リンク」の一つ

このところ、ブログの話ばかりになってしまいましたが実際にはブログもSEO的にはかなり役に立つものですからSEO対策を考えている方でしたら皆さんすでにやっているでしょう。
BlogがなぜSEOの役に立つのかそれはRSSとPingという機能があるからですね。

desinger_free_sozai



RSSというのは、ご存じだと思いますがおさらいの意味で・・・

ブログなどではシステムによって多少違いはありますが基本的にヘッダ部分とサイドバー部分、そしてフッタがあってこれにそれぞれの記事ごとに本文があります。
Blogのトップページを見た場合には記事本文の代わりにIndexがあります。

そして、RSSというのはそれぞれの記事ごとにURLと大まかな内容が書いてあります。
RSSリーダーというものをご存じの方も多いと思いますがこれを使うと、記事のタイトルと記事の要約、それにURLへのリンクが表示されます。
これによって見たい記事にすぐに行くことができるものですね。
このRSSリーダーというのは登録したブログなどのRSSを読み込んでそれを見やすく表示しているのです。

では、これがどうしてSEOの役に立つのか?

ロボット型検索エンジンの場合、Googleなどがそうですがサイトマップの登録を推奨しています。
このサイトマップとRSSとは非常によく似たものなのです。
そのため、ほとんどのロボット型検索エンジンではRSSを理解します。
つまり、RSSがあればサイトマップを別に作らなくても大丈夫なのです。

サイトマップを正確に作ると検索エンジンもクロールしやすくなるのでページをキャッシュするのにも役立ちます。
検索エンジンのためにはとても良いサイトと言うことになります。

また、Pingという機能もあります。
中にはこの機能を使っていないBlogもありますがもったいないですね。

Googleなどの検索エンジンではそれぞれのページにランクを付けます。
このランクによって検索順位をある程度決定しています。
Googleなどでランク付けの際に利用されるのが「外部リンク」と言われるもので、つまりは自分のサイト以外からのリンク数です。
(もちろん単純に数が多ければ良いというものではありませんが)

Pingという機能は、Pingサーバーと呼ばれるサイトに対してページの更新を知らせる機能です。
PingサーバーはこのPingによって更新されたのを知りそのサイトにページを見に来ることになります。
ページを確認すると、その内容によってリンクを設定します。
ここで新たな「外部リンク」ができることになります。

ページランクの重要なファクターである「外部リンク」が何の苦労もせずに簡単にできてしまうのです。

これをHTMLでページを作成して、手作業でやろうとなると大変な労力が必要になります。それを自動でやってくれるのです。
ですから、BlogがSEO対策には欠かせないツールになっているんですね。

そしてもう一つ、最近のSEO対策の重要なツールと言えば・・・
そうです、「ソーシャルブックマーク」です。

もちろん、中にはSEOに使われるのを嫌ってSEO対策の役に立たないような設定をしているところもあります。
しかし、まだまだ多くのブクマがそういった対策をしていません。

ソーシャルブックマークも検索エンジンから見たら「外部リンク」の一つなのです。
ですから、SEO業者の中にはブクマに登録するだけでSEO対策費を受け取っているところもある位なのです。

また、自分のサイトをブクマに簡単に登録してもらうためのツールもあります。
こういったものはどんどん利用していくようにしましょう。

なんと言っても非常に少ない手間で大きな効果をもたらすからです。