SEO対策ばかりを考えていると大変なことに・・・ユーザビリティが大切!

ホームページ(サイト)を立ち上げると、それがどんなサイトでもやはり誰かに見て貰いたい、と思うのが当然ですよね。
それが、商売や仕事に直結するサイトならなおさらです。
だからこそ、SEO対策やSEMなど検索エンジンで上位に表示されるようにいろいろと工夫をして、それでも足りないと業者に頼んだり・・・
しっかりとした業者に頼んだ方はそれなりにご満足いただけているかと思いますが、まともな業者ばかりではありません。

iris16011452-3_tp_v




中にはとんでもない業者もいるようで、「初期費用無料」「上位表示されなければ料金不要」などなどなんだか甘い言葉が横行するようになってきました。

こういう宣伝文句を使うところが全部悪いというのではありません。
ただ、甘い言葉と夜の道・・・ やはり落とし穴のある業者も実際に頼んでみたら1ヶ月ほどで10位以内に表示されたと喜んで料金を支払ったら・・・ 1週間でもとの黙阿弥
だけなら良いですけど、酷い場合には検索エンジンからスパム扱いされてしまう。

そんなことを考えているとSEO対策をするのも怖くなってしまいます(笑)

そこで、「SEO対策は自分でやろう!」
その参考に少しでもなればとメルマガを書いていたのですが・・・

本来サイトが一番に考えなければならないのはユーザビリティです。

いかに見やすく作られているか
いかに他のページへの移動が出来るか
いかに目的のページに簡単にたどり着けるか

これが一番考えられなければならないことなのです。

しかし、小手先のSEO対策ばかりをやっているとこのユーザビリティが忘れ去られてしまうのです。

つい先日、あまり気が進まなかったのですが知り合いでもあったのでSEO対策を任されました。
しかし、依頼されたキーワードがサイトとは違っていたのです。

もちろん、キーワードの変更をお願いしましたが受け入れてもらえません。
仕方なくページそのものを作り直し、キーワードを埋め込みます。
「これでもか」と言うほどに・・・(笑)
HTMLソースを見ると汚い汚い。何のページだかわからなくなります。

それでも1ヶ月ほどで8位まで順位を上げました。
しかし、今までのキーワードでの順位が下がっています。
それは当然ですよね。極端な下がり方ではありませんが・・・

で、ふとページをブラウザで表示してみたら・・・
何が書いてあるの? 何を言いたいサイトなの?
って、感じでまるで意味不明なサイトになってしまいました。
まるでTopページだけ他のサイトから持ってきたかのように(^◇^;)

皆さんはいくら何でもこんなことはしないと思いますがSEO対策と言ってもユーザビリティを考慮しなければ本末転倒です。

と、今回は自分の失敗談になってしまいました(^^ゞ