明治維新150年となる2018年に向け山口・萩の観光施設 「萩・明倫学舎」が2017年3月4日オープン!

山口県は、明治維新から150年を迎える2018年に向け、明治維新の原動力となり多くの萩藩の教育や人材育成の中枢を担った藩校明倫館の跡地に、新たな萩観光の起点施設として「萩・明倫学舎」を2017年3月4日(土)にオープンします。

LL_img_121305_1




「萩・明倫学舎」には、萩の観光インフォメーションセンター、藩校明倫館から旧明倫小学校までの300年の歴史に触れる観光案内や、2016年7月に世界遺産に登録された、萩市の5資産を含む「明治日本の産業革命遺産」を紹介する「世界遺産ビジターセンター」、幕末維新期の歴史・科学技術史の貴重な実物資料を展示する「幕末ミュージアム」を開設いたします。
また山口県では、明治維新150年を1年後に控えた今、長州藩(山口県)の維新志士に縁のある様々な活動を行っております。

「萩・明倫学舎(旧萩藩校明倫館)」
参照URL: https://www.city.hagi.lg.jp/site/meiringakusha/

■オープン概要
施設名 : 萩・明倫学舎
所在地 : 山口県萩市江向602番地
開館時間: 午前9時~午後5時
(飲食スペースは午前11時~午後9時
※ラストオーダー午後8時30分)
観覧料 : 本館無料
2号館 大人300円、高校生200円、小・中学生100円(団体2割引)
駐車場 : 普通車 約180台(310円/1回)、大型バス 10台(1,030円/1回)
参照URL : https://www.city.hagi.lg.jp/site/meiringakusha/