西友、ウォルマート調達網を活かし、『牛ばらカルビ』を圧倒的低価格の197円/100gで新発売!!市場で大人気のアメリカ産牛肉のEDLP(毎日低価格)化に成功

EDLP(Every Day Low Price 毎日低価格)戦略のもと低価格路線を追求する合同会社西友では、これまで小売では難しいとされていた、日本市場で大人気のアメリカ産『牛ばらカルビ焼肉用』のEDLP化に成功。3月28日(火)から、全国340店舗と「SEIYUドットコム(http://www.the-seiyu.com/)」にて、100gあたり197円(税抜)という圧倒的な低価格を年間を通じて提供します。





西友の牛肉は、お客様に大きな支持を得ています。中でも、昨年9月に新規投入した『アンガスビーフ』は、切り替え前と比べて40%の売上増を達成。牛肉カテゴリー全体の売上増を牽引しています。

今回販売するアメリカ産『牛ばらカルビ』は、焼肉や牛丼チェーンなどの外食企業がこぞって使用する、赤身と脂肪のバランスが取れた牛肉市場で大人気の部位です。昨年、アメリカから輸入された牛肉の部位別量では『ばらカルビ』が全体の約7割を占めている※にもかかわらず、激しい争奪戦のため、小売業界では、定番として取り扱うことが困難な状況でした。
※財務省発表の「貿易統計」より

西友では今回、ウォルマート調達網を最大限に活用することで、この人気部位の十分な量の確保に成功しました。さらに、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応できる自社工場で一括加工することで、年間を通じて低価格の商品を安定的に供給することが可能になりました。また、牛肉はチルドの状態で輸入し、高い品質も実現しています。

『牛ばらカルビ』の発売に合わせて、他の部位をセットしたアメリカ産『牛焼肉セット(ばら、もも、肩ロース)』(300 g・780円)も同日発売いたします。春休みやゴールデンウィーク、夏休みなどレジャーの機会が多く、牛肉に対するニーズが高まる4月~9月に向け、品揃えを強化することで、牛肉カテゴリーのさらなる成長を目指します。