誰もが簡単に写真を撮れるスマホ時代だからこそ! カメラマンによる撮影も思い出に ノートの表紙になって届いた“わが子”の笑顔に感動【3月15日~17日 四日市市、伊丹市の幼稚園で顔写真入りノートをプレゼント】

着物の販売・レンタルやフォトスタジオ事業を行う、株式会社京ろまん(本社:奈良県奈良市、代表取締役:郡史朗)は、運営するフォトスタジオ『FIRST STAGE(ファーストステージ)』で、幼稚園の卒園式に、笑顔の写真を表紙にした『スマイルノート』を無償提供しています。
今年は、三重県四日市市で3カ所、兵庫県伊丹市で1カ所と、合計4カ所の幼稚園で写真撮影をし、3月15日~17日の卒園式で完成したノートを園児に渡します。『スマイルノート』をプレゼントする2016年度の卒園生は585名であり、5年間でトータル7,500名になりました。




『スマイルノート』は、長野のグラフィックデザイナー加藤竜也氏が始めた、子どもたちの笑顔を撮影した写真を表紙にしたオリジナルノートを作るサービスです。
当社の『ファーストステージ』は、記念日のプロデュース事業を行っているフォトスタジオであり、写真撮影を通じて“子どもの笑顔が世界に広がるように”との思いがあります。5年前に『スマイルノート』を知って以来、地域貢献の一環として幼稚園を対象に毎年行っている活動です。

デジタル時代でも記念日の写真はプリントしたい
卒園式で『スマイルノート』を見た親は「こんな表情で過ごしているのか」「いつもの甘えん坊ではない、少し大人っぽい表情に見える」など、あらためて子どもの成長を実感する機会になっています。両親は家での子どもの様子は知っていても、親がいないときの姿を見る機会はほとんどありません。親には甘えていても、幼稚園でコミュニケーションをとりながら少しずつ大人になっていることを、写真の表情で実感しています。
スマホで気軽に撮影ができるデジタルの時代ですが、ノートの表紙として印刷された子どもの写真を手にした両親は「スマホで撮る写真より感動する」と言い、プリントされた写真は家族で何度も見るとの声もあります。
スマイルノートの子どもの笑顔が、両親や先生に笑顔へと広がっている様子に、撮影するスタッフもやりがいを感じており、今後もこの活動を毎年続けていくことを予定しています。

誰もが簡単に写真を撮れる時代!カメラがなくてもスマホで簡単にきれいな写真を誰も撮れるようになったこの時代だからこその発想ですね!

デジタルデーターであればいつまでも劣化しない!

ある程度の加工も簡単にできる!

そんなデジタル写真の良いところばかりが取りざたされていたのですが、反対にプリントされた写真だからこその味わいがなくなってしまったのかもしれませんね。それを蘇らせた!ということか

【店舗概要】
<名称>FIRST STAGE(ファーストステージ)
<店舗> 奈良県7店舗(奈良本店・イオンタウン富雄南店・真美ヶ丘店・近鉄生駒店・桜井店・高田店・舞STYLEならファミリー店)大阪府4店舗(心斎橋店・箕面店・東大阪店・舞STYLEイオンモール堺鉄砲町店)兵庫県1店舗(伊丹店)京都府2店舗(松井山手店・舞STYLE桃山店)三重県1店舗(四日市店)
<URL> http://www.firststage.co.jp/
※営業時間は店舗によって異なります。
※桜井店、高田店、近鉄生駒店、舞STYLEならファミリー店、舞STYLE桃山店、舞STYLEイオンモール堺鉄砲町店はフォトスタジオの併設なし。