ITエンタメビジネスの総合企業『F2マーケティングジャパン』 エンタメ業界向け総合支援を行う『リンクトブレイン』とHTML5開発において戦略的事業提携締結

F2マーケティングジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:遠藤佳代子、以下F2 )は、12月7日よりリンクトブレイン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:藤田稔/岩本真吾、以下リンクトブレイン)とHTML5開発分野において事業提携を行いましたことをお知らせいたします。

昨今のアプリ市場の盛り上がりに伴い、業界各社では開発・運用リソース不足が緊急度の高い重要課題となっております。そのような背景、ゲーム開発・運営において親和性が高い事業領域をもつ両社は事業提携を行い、リンクトブレインが提供する『G-Link5』へ、F2はファーストメンバーとして参画。HTML5のマイグレーションサービスを担います。また各社参画により横断的なサービス提供が可能となります。

■G-Link5(ジーリンクファイブ)とは
リンクトブレインが提供する「G-Link5」は、ゲーム会社とゲーム業界における関連会社と共に、ゲーム開発と運営を支援するビジネスプラットフォームです。新規ゲームタイトルの開発や既存タイトルの運営移管などのサポートを行います。

・新たなゲーム開発に必要となるテクニカル・トレンドへの開発と 運営体制の提供と、HTML5 など新たなテクニックなどへの支援サービス。

・ゲーム開発とゲーム運営に伴う人材支援サービス。

・リンクトブレインはフラットなポジションで、各プラットフォーム企業と緊密な連携をとり、技術情報などの情報提供。

・ゲーム開発、制作、運営の各事業者アライアンス網による業界横断的なサービスの連携とリソース支援の仕組みの提供。

・ゲーム運営会社、開発会社やクリエイティブ制作会社との相互連携、協調した人材育成とキャリアパス(RPO)の構築。

【G-Link5 サービスサイト】

https://g-link5.jp/

コメントを残す