木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市を総称して「上総(かずさ)」と言います。この地域でのビジネスやニュース、イベント情報などを中心にポータルサイト運営についても考えていきます。

「社畜あるある」を美術館に展示する 『社畜ミュージアム』のPR動画を公開! 思わず共感してしまう「社畜あるある」のアート作品が、シュールすぎる。

面白法人カヤックは、独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)の認知度向上を目的としたPR動画『社畜ミュージアム』を制作し、1月24日(水)に公開いたしました。

『社畜ミュージアム』は、長時間労働、サービス残業など劣悪な労働環境により、不健全になってしまった会社によくいる社員たち(社畜)の様子を、絵画や銅像などのアート作品で表現。それらを美術館に複数展示し、動画で紹介しています。
深夜にクライアントからの電話が鳴り止まず絶叫する社員や、上司から「進捗どう?」と毎日詰められ爆発寸前の社員など。「社畜あるある」をネーミングやキャッチコピーと共に、テンポよく表現しています。曲はモーツァルト作曲のレクイエムの1つ「怒りの日」を使用。

■『社畜ミュージアム』一部紹介
働く人であれば誰もが、悲しくも思わず共感してしまう内容となっていますので、ぜひご視聴ください。

(1) 進捗モンスター
暇そうな上司から「進捗どう?」と毎日詰められ、爆発寸前の社畜社員。

(2) 寝てない自慢大会
「昨日3時間しか寝てないわー」「オレなんて2時間だし」など睡眠時間を競い合う大会。名画「民衆を導く自由の女神」(ドラクロワ)をモチーフにしています。

(3) 居残り部長
上司が深夜まで帰宅しないため、会社から脱出できない部下たち。名画「最後の晩餐」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)をモチーフにしています。

(4) 月曜、襲来。
連休が終わり、現実を受け入れられないまま、玄関で絶望するサラリーマン。

様々な「社畜あるある」が紹介された後に、「働く人を、もっと笑顔に。」「日本の中小企業を支えたい。」というキャッチコピーが出て、動画は終了します。

この動画には、中小企業が抱える様々な問題に対して、積極的に支援していきたいという中小機構のメッセージが込められています。

おすすめ