木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市を総称して「上総(かずさ)」と言います。この地域でのビジネスやニュース、イベント情報などを中心にポータルサイト運営についても考えていきます。

『三井アウトレットパーク 木更津』10月26日(金) 第3期グランドオープン。全308店舗、店舗数日本一のアウトレットへ ~充実のブランドラインナップと新サービスの提供により滞在機能を強化~

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、第3期増床計画を推進しておりました「三井アウトレットパーク 木更津」(所在:千葉県木更津市 運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)を10月26日(金)にグランドオープンいたします。

当施設は、都心から約45分のアクセス良好な立地を強みに多くのお客さまにご利用いただいておりますが、今回の第3期増床計画と既存エリア(第1期・第2期)のリニューアルにより、103店舗を新たにオープンさせ、店舗面積約45,800m2・全308店舗※1の店舗数日本一の大規模リゾートアウトレットへ進化いたします。さらに、ホスピタリティの高い新サービスの提供や、美しい自然を感じられるガーデンテラス、ラウンジ、カフェなどレストスペースの拡充によって、お客さまにより快適にお過ごしいただける施設として滞在機能の強化を図ります。
また今般のグランドオープンにより、昨年増床開業し、国内アウトレット施設として初めて300店舗を超えた「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島(302店舗※2)」に続き国内2施設目となる300店舗超の大型アウトレット施設へとスケールアップいたします。
※1:一部、10月26日以外の日程でオープンする店舗もございます。※2:2018年2月末時点

アウトレット日本初出店17店舗 全308店舗の個性あふれる充実のラインナップへ
今回、全73店舗の新規出店と、30店舗の移転リニューアルを合わせて、施設全体で計308店舗となり、店舗数日本一のアウトレットモールへと進化いたします。
アウトレット日本初出店17店舗を迎え、ここでしか体験できないアウトレットショッピングをお楽しみいただけます。また、ラグジュアリーブランドはもちろん、日々の暮らしを豊かに彩るライフスタイルショップも充実させ、上質で希少価値の高いブランドラインナップをご提案いたします。

快適なリゾートショッピングの玄関口「ウェルカムホール」
第3期増床エリア北側エントランスには広々とした「ウェルカムホール」を設け、お客さまをお迎えします。エントランスを入ると両サイドにはアウトレット日本初出店の「(仮称)DEAN &DELUCA/TODAY’S SPECIAL/CIBONE/GEORGE’S by WELCOME MARKET」と国内唯一の「Mercedes-Benz」アウトレットブティックが並びます。
ウェルカムホールでは、テナントコラボレーションとして「DEAN & DELUCA CAFE」と同グループのデンマーク設立のインテリアプロダクトブランド「HAY」の家具を配したレストスペースを設置いたします。

ショッピングの合間にくつろぎのひとときを創出する「ガーデンテラス」
第3期増床エリアには、滞在時間の伸長・来館頻度の向上を促す新たな仕掛けとして、緑あふれる「ガーデンテラス」を新設いたします。巨大なアウトレット施設の一角に、色鮮やかな花や実をつける植物や珍しい樹木を取り込み、四季折々の自然を感じられる憩いのオアシスを配置いたします。

■ガーデンテラスにはカフェ、レストランが充実
ガーデンテラスに面した区画には、アウトレット施設初出店を含むこだわりの飲食店が出店。駒沢公園や日比谷で人気のお野菜カフェ「Mr.FARMER」や、インテリアショップ「ACTUS」が運営する北欧テイストカフェ「SOHOLM CAFE」、京都老舗茶問屋直営の和スイーツを味わえる「茶匠 清水一園」、千葉のこだわり素材で作る工房付きバウムクーヘンショップ「見波亭」、ロサンゼルスに本店を構えるチョコレートショップ「COMPARTES」など、緑に囲まれてゆったりとお食事やお茶、お買い物をお楽しみいただけます。

■店舗とのコラボレーション企画や新規イベント・ワークショップを開催
ガーデンテラス内には、隣接店舗とのコラボレーション企画としてACTUSのテラス家具が配置されるなど、洗練された空間でショッピングの合間にくつろぎのひとときを提供いたします。
加えて、ガーデンテラス内では、「emmi」、「Bianchi」、「STAUB」などの店舗とコラボレーションしたイベントや、ガーデンテラスの設計に関わった有限会社温室代表のガーデンプランナー塚田有一氏による自然や植物に関するワークショップの開催を予定しており、ショッピング以外の楽しさも体感いただけます。

回遊性の向上とレストスペースの拡充でさらに快適なデイトリップリゾートへ進化
当施設は、2012年4月の第1期グランドオープンより、都内や羽田空港、千葉県、神奈川県などからのアクセスが良好なリゾートアウトレットとして、「BOSO CITY RESORT」をコンセプトにリゾー感・開放感を感じていただける空間づくり・施設運営を行ってまいりました。

今回の第3期増床計画では、お客さまにより快適にお過ごしいただけるよう、施設の滞在機能の強化に向けた新たな環境づくりに注力いたしました。エントランス部分の「ウェルカムホール」、美しい自然に囲まれた「ガーデンテラス」、各種サービスの拠点「サービスラウンジ」などにカフェやレストスペースを充実させることで、お客さまに快適な滞在時間を提供いたします。

さらに、第3期グランドオープンにより第1期・第2期エリアを含めた施設全体のサーキットモールが完成し、回遊性が向上することで、様々な表情で彩られた施設内でのお買い物と街歩きの楽しさがより一層際立ちます。

おすすめ
記事がありません