木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市を総称して「上総(かずさ)」と言います。この地域でのビジネスやニュース、イベント情報などを中心にポータルサイト運営についても考えていきます。

ニコチン・タール0、使い捨て感覚で使える 次世代型電子タバコ「Easy VAPE」RAINBOWを新発売! 「Easy VAPE」RAINBOWとiQOS(アイコス)、紙巻きタバコのコストを比較

電子タバコ販売・メディア運営の株式会社ドローム(所在地:千葉県柏市、代表取締役:三宅 正直)は、ニコチン・タール0、メンテナンス不要の次世代型電子タバコブランド「Easy VAPE」より、RAINBOW(レインボー)を2018年5月8日(火)に発売しました。

タバコよりも吸いやすいiQOS(アイコス)やglo(グロー)など加熱式タバコの普及により、ニコチン摂取量や月の出費が増えたタバコユーザーが二台持ちにより場面に分けて使用できるよう企画。健康面はもちろん世のお父さんのお小遣いにも貢献していきます。
そこで、iQOS(アイコス)と比べてどの程度お得になるのかシミュレーションを行いました。

■アイコスとRAINBOWどっちがお得?
大人気の加熱式タバコiQOS(アイコス)とRAINBOW(レインボー)そして紙巻きタバコも加え、それぞれ1年間使用した場合の費用を計算してみました。
条件は、「タバコ・ヒートスティック1箱460円、1日の平均喫煙本数16.4本、リキッド15mlを月に3.28本(1mlでタバコ10本分)、交換用カートリッジ300円x週1」で計算。
結果として、アイコスを1年間使用した場合よりも102,737円もお得な結果となりました。
また、RAINBOW(レインボー)はニコチン・タール0、副流煙による受動喫煙もありません。タバコやiQOS(アイコス)特有の匂いもつかない、まさに次世代型電子タバコです。

■奥さんの妊娠がきっかけ
RAINBOW(レインボー)が生まれた背景には、代表の三宅に子供ができたのがきっかけになります。
子供の誕生を機に「タバコを辞めたい、減らしたい」という方にもっと適した商品を提供できないか?と思い立ったことから着手。自身が電子タバコを使用してからタバコを辞めることに成功した経験から、「持ち運びやすい」「味がたくさん楽しめ飽きにくい」「手間なく使い続けられる」がコンセプトになっています。
iQOSなどの加熱式タバコや紙巻きタバコを喫煙している方が、ご家庭ではRAINBOW(レインボー)を使用していただくことによってご家族への受動喫煙を無くし、結果的にタバコなどの本数も減りご本人のニコチン・タールの摂取量も減らしてほしいという想いが込められています。

■RAINBOW(レインボー)商品概要
商品名: Easy VAPE「RAINBOW(レインボー)」
URL  : https://vapelog.jp/shop/products/detail.php?product_id=1657
価格 : 3,740円→2,980円(送料込み)
※2018年5月14日現在、特別価格にて販売中
内容 : Easy VAPE「RAINBOW」 本体×1
カートリッジ(アトマイザー)×2
ベプログオリジナルの国産リキッド2本
(ドライハードメンソール+タバコ味)
※リキッドは国内にてISO9001取得の老舗電子タバコ用リキッドメーカーに生産を依頼しております。

最近になって、次世代型のタバコが各社で開発されているが、企業として考えた場合、「タバコ葉の消費量を落とすことなく」と言うだ前提がそこには感じられる。

火をつけず煙も出ないからタールがない!とはいえ、ニコチンは逆に摂取量が増加することにもなるなど、本当に喫煙者の体を考えてのことなのかどうなのか、疑問に感じるところもあるのだが・・・

おすすめ
記事がありません