木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市を総称して「上総(かずさ)」と言います。この地域でのビジネスやニュース、イベント情報などを中心にポータルサイト運営についても考えていきます。

ハーブを使った花束、アレンジメント『フローリスト2018年7月号【特集】 姿だけでなく、香り、味までまるっと楽しめる花屋さんとハーブの関係』編集

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2018年6月8日に、『フローリスト2018年7月号【特集】 姿だけでなく、香り、味までまるっと楽しめる花屋さんとハーブの関係』編集フローリスト編集部が、キンドル電子書籍ストアで配信開始いたしました。

昔々から薬として使われていて生活に身近なハーブ。
香りはリラックスするのにうってつけ、料理に加えれば風味が増し、花店にとっては花材の一つとしても楽しめるマルチプレイヤー。
今回はそんなハーブを使った花束、アレンジメントなどの作品のほかに生産者、ハーブ園も訪ねてハーブの魅力を存分に紹介します。
あのフローリストとハーブの関係はいかに?

ハーブを使おう! お花屋さん5人のレシピ
角田えみ[Tilt Flowers]/上田 翠[ハナと枝]/石井りか[aglaia]/細根 誠[しろくま生花店]/藤原正昭[clap,clap,claps]
組み合わせで存在感アップ 達人のハーブテクニック/鈴木雅人[Zukky *herb&flower]
乾きゆく姿を愛でるハーブの贈り物/小島章子[doux.ce]
注目のお花屋さん、お邪魔します
ののこや/La Ruche/yagiya FLOWERS shop/knospe
ハーバル・ライフをはじめよう/NEROLIDOL
情熱をかけて栽培 年間100万本の生産地を歩く/折原利明[折原園芸]
これに注目! もっと知りたい ハーブカタログ
せっかくだから、深く極められるスポットへ/佐倉ハーブ園(薬用植物園)

■ 『フローリスト2018年7月号【特集】 姿だけでなく、香り、味までまるっと楽しめる花屋さんとハーブの関係』編集フローリスト編集部