木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市を総称して「上総(かずさ)」と言います。この地域でのビジネスやニュース、イベント情報などを中心にポータルサイト運営についても考えていきます。

図鑑ブームの火付け役 「小学館の図鑑NEO」シリーズからキッズタブレット第2弾が新登場! 「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」 7月12日(木)発売 一緒にお出かけして“アクティブ・ラーニング”!

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、カメラ付きの図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」(希望小売価格15,000円/税抜き)を、2018年7月12日(木)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等にて発売致します。

本商品はシリーズ累計発行部数850万部を記録する「小学館の図鑑NEO」のコンテンツをセレクトした図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad」シリーズ第2弾として企画開発しました。第1弾となる「小学館の図鑑NEOPad 生きもの編」は業界初のカメラ付き図鑑タブレットとして発売し、搭載されたカメラで撮った画像を図鑑上のページに登録でき、自分のオリジナルの図鑑が作れる機能が好評で、動物園や水族館に図鑑タブレットを持って出かけ、生きものを鑑賞・撮影する姿が多く見られました。楽しみながら主体的に学べると、「アクティブ・ラーニング」が広がる中で評価されました。

「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」は、その特長を引き継ぎながら、要望の多かった図鑑NEO『乗りもの』から400種類の乗りものと、シリーズ累計発行部数140万部を超える大人気の『くらべる図鑑』『もっとくらべる図鑑』から約180種類のコンテンツをセレクトしています。「くらべる図鑑」シリーズをデジタルコンテンツ化し、タブレットならではのアニメーションで動く『くらべる図鑑』として楽しめることを目指しました。また、耳の不自由な子どもも一緒に楽しめる「うさぎマーク」の共遊玩具に認定されています。
対象年齢は1.5才からと、低年齢層から楽しめるようになっており、教育現場での電子タブレットの普及が加速する中で、子どもたちが遊びながら身の回りのさまざまなものに興味を持ち、主体的に楽しく学ぶ最初のきっかけとなることを期待しています。

商  品  名  : 「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」
希望小売価格  : 15,000円/税抜き
発売日  : 2018年7月12日(木)
対象年齢  : 1.5才以上
商品内容  : 本体、タッチペン、取扱説明書
商品サイズ  : W約176 × H約132 × D約23mm(商品本体)   画面サイズ:4.3インチ
商品重量  : 約270g
対応アダプター: タカラトミー玩具専用ACアダプター TYPE5U(1,980円/税抜き)(別売)
販売目標  : 5万個(初年度)
取扱い場所  : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、
タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等
著作権表記  : © TOMY ©小学館
公 式 H P  : www.takaratomy.co.jp/products/zukanneopad