いい人財が集まる会社は、何が違うのか? 今までの「採用の常識」を覆す、採用バイブル刊行  いい人財を集めて、見抜き、つかまえ、離さない技術を徹底解説

フォレスト出版株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:太田 宏)は、『いい人財が集まる会社の採用の思考法』(著者:酒井 利昌、監修:坂本 光司)を2019年8月8日(木)に発売することをご報告いたします。


人財不足が深刻化し、特に中小企業の人材不足はこれからも続くと言われています。そんな「いい人財」が集まらない、採用できない会社の経営者や採用担当者多くは、次のようなことを言います。

「ウチは無名・中小だから人が集まらない」
「人が集まらないから採用基準を下げる」
「採用してみないとわからない」
「コミュニケーション能力が高い人が欲しい」
「とにかく即戦力が欲しい」……。
これらの思考法はすべて、採用がうまくいっていない会社に共通する思考法だと著者は訴えます。

同規模の中小企業でも、同業界でも、同条件の企業でも、いい人財が集まる会社がいくらでも存在します。では、そんないい人財が「集まる」会社は、どういう考え方で採用活動をし、採用戦略を練っているのか?その思考法&実践法を公開したのが本書です。

内容の一部をご紹介すると以下の通りです。
●採用が下手な会社ほど、「即戦力」「コミュニケーション能力」を求める
●「人財」ではなく、「人手」の採用は、組織を疲弊させる
●「誰を採用するか」以上に大切なのは、「誰が採用担当か」
●「集める」ではなく、「集まる」
●「採用してみないとわからない」のウソ

といった【採用がうまくいかない会社が陥るダメな思考法】から、
●採用パイプライン
●採用の4Pマーケティング戦略
●いい人財が集まる採用基準の設定法、選定法
●自社に合った採用方法の見つけ方
●効果的なスカウトメールの書き方
●求職者に興味を持たせる技術
●見極め、惹きつける面接術
●間違った採用をリカバリーする方法

といった【いい人財が集まる実践法】まで、わかりやすく解説しています。
著者は、中小企業の採用コンサルのスペシャリスト。加えて、ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』著者が完全監修。
この最強タッグが、人財不足で悩む中小企業のために、いい人財を集めて、見抜き、つかまえ、離さない技術を徹底解説した1冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いい人財が集まる会社の採用の思考法 [ 酒井利昌 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/8/8時点)

楽天で購入

 

 

書名  : いい人財が集まる会社の採用の思考法

著者  : 酒井 利昌 著/坂本 光司 監修

ページ数: 270ページ

価格  : 1,620円(税込)

出版社 : フォレスト出版株式会社

ISBN  : 978-4-86680-048-6

発売日 : 2019年8月8日