保守の枠にとどまらない新鋭美人論客 吉木誉絵、渾身のデビュー作  『日本は本当に「和の国」か』発売

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2019年6月20日に『日本は本当に「和の国」か』(吉木誉絵著/1,600円税別)を発売します。本書は、コメンテーター、アーティストなど、さまざまな分野で活躍する吉木誉絵さんの初の著書です。


学生時代、小林節氏や竹田恒泰氏に憲法学を学び、現在は、日本の伝統や神話について研究をしている吉木誉絵さん。「朝まで生テレビ」「TVタックル」「サンデージャポン」などのTV番組で、コメンテーターとして立て続けに出演したところ、その鋭い論考や、ネットで「まゆゆ(元AKB48の渡辺麻友さん)に似ている」と評された容姿が話題になりました。海上自衛隊幹部学校客員研究員、産経新聞イメージキャラクター、佐久弥レイ名義での古事記を題材にしたアーティスト活動など、幅広い分野に活躍の場を広げています。
昨年4月、AbemaTV「みのもんたのよるバズ」出演時に妊娠を発表後、一時期は仕事量をセーブ。このたび、初の著書『日本は本当に「和の国」か』を書き下ろし、改元とともに世に送り出します。

共同体の和よりも、個人が優先されることが是とされる時代において、共同体を結んできた神道、和の精神といったものは、事実上必要とされなくなってきている。しかし私は、日本人が和の世界観を、自分たちの原点を、もう一度見直すことによって、日本人が本来の輝きを取り戻し、もって地域や国家だけでなく世界に貢献できる可能性を秘めていると考えている。
そのためにも、日本における「和」とは何か。日本人のアイデンティティである「和の正体」について本書では考えていきたい。(第一章より)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本は本当に「和の国」か [ 吉木 誉絵 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

楽天で購入

 

 

『日本は本当に「和の国」か』では、日本神話を研究し、さらに神職の資格を持つ著者が、その独自の視点で日本における「和」のルーツと現在に迫ります。本文中に、解剖学者 養老孟司さんの著作『無思想の発見』を引用していることもあり、養老さんも本書を読まれ、「日本がどのような国か、本気で考えた一冊」であると高く評価されています。

第一章 日本人のアイデンティティとは何か
第二章 神話が示す、民族のアイデンティティ
第三章 「和の国」のルーツを『古事記』から探る
第四章 同調圧力はいかにして生まれるか
第五章 『古事記』の和と現代日本人の和
あとがき