人の名前がすぐに出てこなくなったら、すぐ読んだほうがいい。  脳の老化を防ぎ、若返らせる日常の習慣術を解説した 『脳が若返る15の習慣』が10月6日(日)刊行! ~脳波研究の第一人者が、 科学的根拠に基づいた「脳の健康寿命」を延ばす方法を徹底解説~

フォレスト出版株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:太田 宏)は、脳波研究の第一人者が、科学的根拠に基づいた「脳の健康寿命」を延ばす方法を徹底解説した新刊『脳が若返る15の習慣』を10月6日(日)に刊行いたします。

最近、「物忘れがひどくなった」「人の名前がすぐに出てこない」「昨夜食べたメニューが思い出せない」……。そんな経験がある人は、「まあ、年をとってきたから、しょうがない」と楽観視している人は意外と多いようです。

しかし、この症状を軽視してはいけません。脳の老化が始まっているサインだからです。そのままにしておくと、脳の老化がどんどん進みます。早い人だと、40代からその兆候が出てきます。

そんな脳の老化を防ぎ、脳を若返らせる、画期的な方法をまとめたのが本書です。
画期的な方法といっても、特別な薬や医療機器は必要なし。毎日の行動や習慣をちょっと変えるだけ。

たとえば……、
◎スマホを「非利き手」でいじる
◎運動のテンポに合わせて、かけ声をかける
◎モノは、親指と、人指し指以外の指でつまむ
◎脳科学者もやっている「ボケない食事法」
など全15の習慣を、科学的根拠に基づいてわかりやすく解説しています。

しかも、15の習慣のうちどれか1つでも実践するだけでも、効果があるものばかりを厳選しています。

著者は、脳波研究の第一人者。頭痛、脳卒中、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、てんかんなどの研究、臨床を長年行なってきた、脳の病気に関するスペシャリストです。

取り上げている習慣の中には、アルツハイマー病のリハビリをヒントに生み出された習慣もあります。そんな著者自らも実践している脳のアンチエイジング術を完全公開しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

脳が若返る15の習慣 (フォレスト2545新書) [ 飛松省三 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2019/10/4時点)

楽天で購入

 

 

書名  : 脳が若返る15の習慣

著者  : 飛松省三

ページ数: 148ページ

価格  : 本体900円+税

出版社 : フォレスト出版株式会社

ISBN  : 978-4-86680-803-1

発売日 : 2019年10月6日