「英語学習のつまずき」を防ぐノートを日本中に広めたい! 茨城県つくば市の認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所がクラウドファンディングに挑戦

認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所は、英語の読み書きに苦手のある方たちにもやさしい「RISE英語罫線(4線)ノート」をリニューアルするための資金を募る。「RISE英語罫線(4線)ノート」は、英語の読み書きに対する苦手を軽減し、得意を伸ばすために、独自の工夫を加えたもの。その普及を通じて「英語読み書き困難」や「光過敏(まぶしくて見にくい)」などへの理解も広げていきたいと考えている。

認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所(茨城県つくば市、理事長:本山裕子)は、2019年12月10日より、クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて、以下のプロジェクトを開始する。

■クラウドファンディングページ  https://camp-fire.jp/projects/view/211250

▼プロジェクト名:「英語学習」のつまずきを防ぐノートを日本中に広めたい!!
▼茨城県つくば市で不登校や学習につまずきがちな子どもたちの支援にあたっている認定NPO法人 リヴォルヴ学校教育研究所が、「バランスよく書けない」「単語が覚えられない」などの声にこたえて開発した「RISE英語罫線(4線)ノート」をリニューアルするための資金を募る。

【「RISE英語罫線(4線)ノート」の特徴】
① 目のちらつきを抑え、文字を正しい位置に書けるように、4線内に着色を施している
② 表紙裏には、語彙力を増強するための学習のポイントを記している。
③ 単語と単語の間隔を適切に取れるようにするために、各行ごとにドットを打っている
④ 表紙裏、各ページの下部に「フォニックス(音の足し算)」に関する基礎情報を提示し、つまずきの主原因とされる「音韻操作の困難」軽減を図っている

【おもなリニューアルポイント】
① - 読みやすく- 基本単語などに、ユニバーサル・デザイン・フォントを採用
② - 開きやすく、書きやすく- 「おじいちゃんのノート」でも有名な「水平開きノート」を採用
③ ‐ゆったり使える‐ B5からA4版に(12mm 11段を予定)